TOP過去のイベントコンタクトセンターとブランディング

おかげさまでご好評のセミナーとなりました

イベントレポートをご覧いただけます

コンタクトセンターとブランディング

JCA ケーススタディ + 対談 - コンタクトセンター、未来へのヒント -


2022年02月24日(木) 18:45~20:30
終了

※質疑応答の時間を含みます。


オンライン(ZOOM)

山下 未紗 氏


重要「セミナー会場における感染症予防対策について」

Twitterで共有する
Facebookで共有する
LINEで共有する

レポート

2022年2月24日(木)に、「コンタクトセンターとブランディング」セミナーを開催いたしました。
今回は株式会社nijito(ニジト)より“おせっかい”のスペシャリスト、山下さんにご登壇いただきました。

【ダイジェスト動画】



宮脇アカデミー長いわく、山下さんは「今一番ピカピカしてる人」の筆頭なのだそうです。
その言葉通り、このセミナーでもピカピカ、キラキラ輝く、とても魅力的なお話を聞かせてくださいました。

『haru(ハル)』というブランド商品への深い愛情
その商品を使うお客さまをもっとよく知りたいと思うことから生まれるコミュニケーション
コミュニケーションにより、お客さまとさらに近しい存在となるためのプロセス

お客さまの生活シーンに“そっと”寄り添いたいから
決して押し付けるのではなく、一人一人のお客さまと向き合って
一緒に考え提案し、サポートしていく

これが、nijito流“おせっかい”なんだと思いました。

そしてこの“おせっかい”を体現できるのも、
「自分はブランドの顔だ」というマインドが、働くスタッフ全員にしっかりと浸透しているからこそだと感じました。


本当に飾らない、まっすぐな言葉でお話しくださった山下さん。
もっとお話が聞きたかったと思われた方も多かったのではないでしょうか。
それほどとても惹き込まれ、感動し、考えさせられた講演でした。

ご参加いただいた皆さまに心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

イベント概要

コンタクトセンターは「ブランディングの最前線」

コンタクトセンターのマーケティング機能は大きく4つ。
商品開発、販売促進、リスクマネジメント、そしてブランディングです。
ブランディングとは、お客さまとの接点を通じて、お客さまの頭の中にある企業、商品、サービスの印象や体験を蓄積していくこと。

お客さまは誰で、どんな人で、いったい何を考えているんだろう?
お客さまがこの会社を好きになるにはどうしたらいい?
お客さまが笑顔になるためにできることは?


を常に考えながら、日々お客さまと向き合っているコンタクトセンターは、まさに「ブランディングの最前線」と言えます。

“おせっかいをもっと”を経営理念とし、 “おせっかい企業No.1になる”を目標に掲げるnijitoさんは、今それをもっとも体現している企業です。
今回お話いただく山下さんは、”おせっかい”のスペシャリスト。
お客さまの生活にそっと寄り添うために、お客さまにとって一生物のブランドとなるために、「良いおせっかいとは?」「おせっかいを可視化するには?」をテーマに活動されています。

PR業務にも携わる中で得た視点も交えて、コンタクトセンターにおけるブランディングのあり方を語っていただきます。

アカデミー長  宮脇 一


講師プロフィール

山下 未紗(やました みさ)

株式会社nijito マーケティング戦略室 PRチーム/カスタマーシップ部

山下 未紗(やました みさ)

株式会社nijito マーケティング戦略室 PRチーム/カスタマーシップ部

1977年生まれ。福岡県出身。
短大卒業後は、化粧品通販会社の立ち上げ第一号社員として入社。
約10年間コンタクトセンター立ち上げからロイヤルカスタマーの専属担当として顧客との関係構築を経験。
その後、nijito創業からブランド開発までの一連に携わる。
キャリアコンサルタントの国家資格を取得。